今から身につけるのは不可能!?

Pocket

音感には「絶対音感」と「相対音感」があります。「絶対音感」はよく耳にする言葉ですが、「相対音感」はあまり耳にすることはないですよね。また、その違いはなかなか知られていません。

◆絶対音感とは?
絶対音感の意味は、西洋文化の音の基準(平均法)によって構成される音程(ドレミファソラシド)と半音階を含めた計12個の音を、楽器を使わずに正確に記憶できる音感能力のことです。絶対音感を持っている人は何か音が鳴るとすぐ「これは何音だ」とわかります。譜面だけで曲を描く人がいますが、これは絶対音感能力者で、思った通りの音を頭の中で構築することができるのです。

◆相対音感とは?
一方相対音感という音感の意味は、大人になってからでも身に付けることが可能で、「仮にあの音をドとしたら、この音は何度上の音になるのだろう?」ということが理解できたり、予想ができる音感能力のことを言います。練習や訓練次第でいくつになってからでも習得可能な能力です。

◆相対音感は役に立つ?
絶対音感に比べて相対音感は劣っているような響きがあるかもしれませんが、音楽において相対音感は絶対音感に劣らず重要な能力です。音楽評論家や現場のプロの中には、ミュージシャンとして必要な能力は、絶対音感より相対音感は応用が効いて便利であると言う人もいます。
音は単独では存在せず、他の音と複雑に絡みあっています。絶対音感の持ち主が音を聞くと、単独の音がばらばらで存在するようなイメージが先行しますが、実際には、音の塊をイメージで捉える場面が多く、そのような場面では、相対音感が重要になります。また、曲を転調させることや、音にすぐ対応することに関しては、相対音感的なイメージで取り組むことで処理能力が速くなるといわれています。

音を把握する上では絶対音感は非常に便利ですが、相対音感も絶対音感に劣らない素晴らしい能力なのです。
今からでも身に付けられる相対音感の習得に挑戦してはいかがですか?